トルコリラの暴落の真相 トルコリラ(TRY)をFXで買い続ける金利17.5%スワップ投資術

トルコリラの暴落の真相 トルコリラ(TRY)をFXで買い続ける金利17.5%スワップ投資術

トルコリラの暴落の真相

トルコリラ暴落劇は過去にもありました。

ここでは、2007年8月のトルコリラ暴落について分析をしてみました。


・南アフリカランド2年チャート

南アフリカランド



この2年間でトルコリラ通貨はほぼ半値近く落ちていますね。


アメリカのサブプライムローン問題が原因と考えられます。

世界の為替はほとんどの通貨がアメリカドルを介して取引されているためです。

トルコリラと日本円の直接取引はされておらず、日本円⇔アメリカドル、アメリカドル⇔トルコリラで取引されるため、ほとんどの通貨がアメリカドルの影響を受けます。
これが、全てのトルコリラ暴落に波及した原因です。

2つ目の原因がリスクヘッジです。
これも発端はアメリカのサブプライムローン問題が原因になります。
現在、トルコリラは非常に金利が高く、発展途上国であることから、投資に使われ、トルコリラである為替、証券、債券などを通じて、トルコには多数の国から投資金が集まっています。
これを先の問題で損をした投資家がリスクヘッジとして処分し、トルコリラ暴落につながったと考えられます。

3つ目の原因が大統領選挙です。
反対勢力の事が表面化している⇒治安の悪化⇒戦争が起こるかも⇒トルコリラ暴落
の図式が成り立つわけです。

しかも、通貨ランクとしてもトルコリラはBBです。(最大はAAA)

本来なら、ユーロが世界的に価値を下げており、総合的に判断すると、これほどまでにユーロリラが下がらなくても良いと思うのですが、そうはなりませんでした。
全てが総合的に起こって、今回の暴落に繋がったと考えられます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。