トルコリラをFXでやるには? トルコリラ(TRY)をFXで買い続ける金利17.5%スワップ投資術

トルコリラをFXでやるには? トルコリラ(TRY)をFXで買い続ける金利17.5%スワップ投資術

トルコリラ投資の注意点

FX投資で高金利通貨と言えばオーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド、アイスランドクローナ、そしてトルコリラが挙げられますが、トルコリラはその中でも現在最も政策金利の高い通貨となっています。

スワップポイントも高いことから、人気のFX投資となっています。

ただし、トルコリラ投資にあたっての注意点として、

トルコリラはマイナー通過のため情報量が少ない。
為替ニュースやブログのチェックにより、情報収集は可能です。

・市場での取引量が少なく、価格変動が大きい。
価格変動が大きいということは、それだけ大きく利益も出せるけれど、損失もこれまた大きいということですね。
対策としては、「分散投資」と「レバレッジ管理」でしょうか。

トルコリラの値幅が激しいので、レバレッジは少ない設定をお勧めします。

17.25%というトルコリラの高金利は魅力です。うまく投資をするならば、大きなリターンは充分に期待できます。

トルコリラ投資のリスクをしっかり念頭にいれ、高金利、高いスワップの恩恵を手にいれましたょう。

FXでトルコリラの運用するには?

FXの運用というと、まずは、レバレッジを効かすことでしょう。

FXの魅力の一つとして、「少ない資金で大きな資金の取引ができる」というメリットがあります。

トルコリラの場合、1トルコリラが93円のですが、1万通貨の取引(93万円相当)の外貨取引を93000円の資金で取引することができるということです。

この場合のレバレッジは93000×10=93万円ということで、10倍となります。
資金の10倍の金額を運用することとになります。

次にスワップ金利での運用です。

スワップ金利とは、2種類の通貨の売買によって発生する金利差調整ということです。

高金利通貨のロング=低金利通貨のショート=スワップの受取
高金利通貨のショート=低金利通貨のロング=スワップの支払い

トルコリラ/円のロングで考えると、トルコリラの方の金利が高いので、受取になり、1日約400円はプラスになるという計算になります。

FXそのものでは損をしたとしてもスワップの運用が多ければ、うまく保持できるということです。トルコリラ/円のような組み合わせですと、スワップ運用も可能です。

ですから、FXの運用としては、レバレッジやスワップ、ロングとショートのポジションなどの組み合わせによって、多くの方法での運用が可能になります。

トルコリラ取扱FX業者はどこ?

トルコリラの投資を考えるなら、FXをお勧めします。

FXは株式取引とは違い、証券会社を介しての取引ではなく、FX業者に口座を開設して行います。

日本で、トルコリラのFXを取り扱っている業者は、増加傾向にあるものの、まだその数は多い方ではありません。

マイナーな通貨である上、日本国内においてもトルコリラの知名度も認識度もあまり深くないのが現状です。

ところが、FXにはスワップなる金利なようなものがあり、これは2国間の政策金利の差なのですが、日本の0.5%に比べトルコリラの場合17.25%、ですからスワップが16.75%(2007年9月20日現在)という高金利。

トルコリラ/円のFXは、業者によって、スワップや手数料などの料金の違いはあるものの、トルコリラ以外の通貨に比べ格段に高いスワップは魅力です。

業者選びですが、HPで公開しているところが多く、ブログなどでも紹介されています。様々な事柄を検討の上、ご自分に合うFX業者を選択してください。

日別チャートが気になルトルコリラ

FXにおいてチャートを見ることは大切なことです。

トルコリラチャートは、グーグルやヤフー、投資オールネットなどで見ることができます。

2005年に実質的なデノミネーションが行われ、トルコリラは、新トルコリラとして生まれ変わりました。

チャートはそれ以来、日別で見ても、今のところは一応、上昇基調となっています。
トルコリラ/円の場合、ロングポジションで1日約400円のスワップ金利がつきますので、日別でのチャートの動向には目が向いてしまいます。

例えば、何日かトルコリラの下落が続いて、その後上昇となるような日別のチャートですと、スワップでなんとか切り抜けられる程度であれば、ホールドというポジョンにいれるわけです。

FXの場合は、長いスパンでのポジョンでいれる方が、スワップの関係から、利益としては大きいですから、日別チャートに惑わされることなく、ゆったりといたきいものです。

それには、余裕資金と初業者の選定と、自己管理の徹底が必要となってきますね。

チャートをきちんと見て、分析する力をつけられれば、自信も付きますし、ある程度の予想も可能です。

でも、今日はいくらかなと日別チャートって、気になりますよね。

トルコリラFX取扱業者は?

トルコリラFXを始めるにあたって、最大の難関がFX取扱業者選択でしょうか。
トルコリラ取扱う業者はそうたくさんあるものではありませんが、よくよく検討をしないと、後悔するはめになるかもしれません。
手数料、スワップなどサービス面で、少しずつ違いがあります。

ですから、トルコリラFX取扱業者選びが実は何より重要です

アトランティック・トレード
手数料は完全無料はうれしいです。
スワップは毎日口座に振り込まれます。
証拠金は1%となっています。

FX−naviオンライントレード
手数料が片道1銭、10万円通貨以下は5ドルになっています。
スワップは為替レートに反映され、証拠金は4%となっています。

ヒロセ通商
手数料片道1銭、含み益ですが、連絡次第では出金可能。
証拠金は5000円です。

他にもありますが、3社のFX取扱を比較すると、手数料と証拠金の違いですね。
トルコリラ/円では、1日約400円のスワップがあります。
証拠金は1トルコリラ約90円ですから、可能投資金額を設定の上、様々なことを勘案し、ベストな状態でのFX取扱ができますように。

トルコリラの取引はFXでするには?

トルコリラとは、トルコの貨幣単位です。

2005年にデノミが行われ、それまでの100万トルコリラが1新トルコリラとなりました。

そして、今現在の金利がなんと17.25%。
低金利の日本では信じられないような数字です。

この高金利のトルコリラとの取引をするには、FXでしょう。

FXは少ない資金で大きな資金を動かせるレバレッジをきかせ、FXの特徴のスワップで毎日収入をたたき出すことのできる魅力的な取引です。

トルコリラ/円とのスワップは、1万通貨あたり約400円。こんなに高額なスワップはそうあるものではありません。

日本でトルコリラを扱うのFX業者は少ないですけれど、それぞれの特徴を比較し、ご自分に合う取引をされると良いでしょう。

現在1トルコリラは90円前後。チャートとしては、上昇基調ですが、じゃあと取引に飛びつく前に、トルコ国内は未だに10%のインフレであること、ドル円相場に大きく影響されやすいこと、などのリスクがあります。

FXでトルコリラ取引、スワップ400円、金利17.25%。
どれも魅力的ですが、あくまでも慎重に。

トルコリラで外国為替証拠金取引を始めるには?

超低金利の日本において、投資といえば、株式投資、投資信託ですが、最近は外国為替証拠金取引(FX)をはじめとする外貨投資が注目されています。

その中でも外国為替証拠金取引をみてみましょう。
外国為替証拠金取引とは、少ない掛け金で多くの外貨の売買をするシステムと言うことです。

FXの始めるにあたって、トルコリラ外国為替と日本円のペアを選んでみましょう。

今は1トルコリラ90円、レバレッジ10倍の場合とします。
1万通貨の取引として、9万円の投資です。

FXの特徴として、トルコリラと円と違う外国為替の取引においての金利差、スワップ金利が発生します。

トルコリラ/日本をロングポジションで持つと、それぞれの金利がトルコリラが17.25%、日本が0.5%で、その差16.75%がスワップ金利となり、この場合は約400円が毎日の収入となります。

ただこの場合、ショートポジションになると、そのスワップ金利分を支払うということになります。

このポジションがFXの成功の鍵となります。

このように外国為替を介しての投資はリターンリスクともに高いものになります。

金利生活を夢見てトルコリラFXを!

銀行に預金をして、金利生活をするなんていうことは日本では到底無理な話。
ところが、夢のような金利生活が実現できるかもしれないというのが、FXの世界です。

FXとは、外国為替投資です。正式名称は外国為替証拠金取引と言い、証拠金取引とも言います。

この場合の金利生活の金利とはスワップ金利のことを言います。
このスワップ金利というのは、取引通貨の金利差を言います。

日本は超低金利。トルコリラは17.25%の高金利。この大きな差がスワップ金利として収入になります。

トルコリラ/円のスワップ金利は約400円/一日(1万トルコリラの場合)。

ということは、何もしないで1日400円、投資金額は約9万円です。
(1トルコリラ90円、レバレッジ10倍の場合)

いくつかのFXを運用していくことにより、スワップだけで金利生活というのも現実のものとなります。

それに投資するだけの資金力は必要ですが、株式とは違い、毎日ボーナスという感覚ですね。

トルコリラ/円の場合は、金利差が大きいため、スワップ金利も高く、金利生活に近づけそうですが、あくまでも順調に行けばの話し。先の保障はありません。リスク管理は十分に。

トルコリラの取扱するFX業者は?

トルコリラの取引をするなら、以下の取扱業者があります。

アトランティックトレード

トータルで判断すると一番良い取扱業者です。
1万トルコリラの取引でも手数料は無料です。

手数料 :無料      信託保全:あり
証拠金率:1%      スワップ:379円(複利可)
最低単位:1万トルコリラ 取引時間:24時間

FX-navi オンライントレード

取引システムは使いやすく評判が良いです。
5000リラから取引できるのは嬉しいですが…

手数料 :片道1銭    信託保全:あり
証拠金率:4%      スワップ:431円(複利不可)
最低単位:5000リラ(10万リラ以下は5ドル手数料が必要)
取引時間:日本時間16:00−24:00

ヒロセ通商

FX-naviと同じような感じです。
5000リラから取引できますが、やはり手数料が…
信託保全が無いのが少し不安な点です。

手数料 :無料      信託保全:なし
証拠金率:2%      スワップ:429円(複利不可)
最低単位:5000リラ(10万リラ以下は5ドル手数料が必要)
取引時間:日本時間16:00−24:00

121証券株式会社

5000リラからの取引はうれしいです。
スプレッドは低いです。
証拠金率が高いのが痛いですね。

手数料:方道1銭     信託保全:なし
証拠金率:12%     スワップ:431円
最低単位:5000リラ  取引時間:24時間

今は少ないですが、トルコリラを取扱業者は多くなると思います。
トルコリラに限らず、取扱業者によってスワップポイントも手数料も違いが出てきますね。
取扱業者の選択はじっくりと取り組んでみてください。

トルコリラ円でFXをするには?

金利が17.25%ということで、トルコリラ円は密かにというか、知る人ぞ知るFXの対象となっています。

トルコ経済は以前好調ですが、インフレも続いています。
さらに利上げの懸念もありますが、日本国内においてもトルコリラ円を扱うFXも増えてきました。

トルコリラ円の取引については、今はだいたい1トルコリラ90円ですから、レバレッジが高いFXでは、比較的安価で取引することができます。

1万トルコリラ円の取引の魅力は政策金利17.25%の超高金利と1日400円の脅威のスワップ金利。

このスワップポイントの高さは大きなメリットになりますね。

ただ、高いメリットがあるということは、高いデメリットもあると考えるべきです。
それはインフレ。1975年に1ドル15トルコリラが2004年には150万トルコリラになりました。今はデノミされましたが、今でも10%の超インフレは続いています。
そして今では90円台での推移ですが、2006年は20%アップのときもありました、

ということは、20%のダウンだって、あり得ることと言えます。

トルコリラ円の取引を始めるに当たっては、十分な余裕資金と出来うる限りの情報集めをお勧めします。

トルコリラで外国為替証拠金取引するには?

FX(外国為替証拠金取引)とは、異なる2国間の通貨を売買する取引のことです。

外貨預金にくらべて取引にかかる手数料も数分の一と断然割安で、外貨の高金利を効率よく受け取ることができるのも外国為替証拠金取引の大きな魅力となっています。

外国為替とは、2つの通貨の交換レートです。

トルコリラは世界的にも最も高金利(17.5%)な通貨であることから、投資家の注目が集まっています。

トルコリラを低金利の日本円(0.5%)で買うと、現在は1万通貨あたり1日350〜400円程度の利息(スワップ)が発生します。1ヶ月なら約12000円のスワップ収益です。トルコの経済成長期待と合わせて、トルコリラが人気を集める大きな要因となっています。

ただし、トルコリラを扱っているFX(外国為替証拠金取引)会社は現状ではかなり少なく、取引できるFX(外国為替証拠金取引)業者は限られています。

トルコリラ/円のチャート・為替レートは、こちらで確認できます。

トルコリラでFXを始めよう

金利が17.5%と、驚異的な数字と好調なトルコ経済が後押しし、トルコリラは投資家の注目を浴びています。

これはトルコリラFXを考えてみたいですね。

トルコリラ円の取引ができるFX業者をみてみましょう。

アトランティックトレード…手数料無料、レバレッジ100倍、信託保全完備。1万通貨単位ならコストは最安です。

FX−naviメイン…スワップが高く、スプレッドも小さい。片道手数料は100円+5ドル。10万通貨未満でミニマムチャージがかかります。

ヒロセ通商(Hirose−FX2)…Hirose-FX2ミニなら1000トルコリラから取引OK(証拠金500円)。1000トルコリラから取引できる、唯一のシステムです。

ヒロセ通商(Hirose−Trader)…手数料無料で、5000トルコリラから取引OK。スプレッドも低い。10万通貨単位の売買なら、コストは最安です。あとは、信託保全の導入がないのが心配です。

Ecois Pro(121証券)…5000トルコリラから取引できます。スプレッドは低いですが。信託保全はありません。

FXでうまく儲けたいと思うのなら、まずはFX業者の研究ですね。

FXでの健闘を祈ります。

トルコリラをFXでするには?

トルコリラの取引が出来るFX業者でFX-navi オンライントレードがあります。

今ですと、1トルコリラ87円。そこでレバレッジ10倍をかけて87万円相当の投資と考えます。

FXの手数料は片道1銭でスプレッド(売値と買値の差)は15銭。10万ドル以下の取引だとミニマムチャージが掛かりますが、片道分だけでOKなのであまり気にしなくても良いでしょう。

ちなみにスワップ金利は約400円も付きます。

トルコリラの通貨ペアの中でもスワップ金利が、一番高いのはポンドリラ(GBP/TRY)で、なんと1万通貨の運用で約800円もスワップが貰えます。
単純計算で1年で約30万円です。

うまくいけば、トルコリラで、FXでの証拠金は約10万円なので、証拠金から計算すると年間300%の運用率になるかも、うまくいけばですけれど。。

トルコリラは本当に魅力的な通貨です。

FXのスワップ金利で楽々儲けたい方はトルコリラで運用はいかがですか?

ただし、トルコリラの変動が大きい事、レバレッジの数値が大きいほど損したときも大きいということをお忘れなく。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。