トルコリラの政策金利は? トルコリラ(TRY)をFXで買い続ける金利17.5%スワップ投資術

トルコリラの政策金利は? トルコリラ(TRY)をFXで買い続ける金利17.5%スワップ投資術

トルコリラの政策金利について

高いトルコリラ政策金利ですが、現在は17.25%です(2007年9月現在)。

かつてのトルコ共和国は激しいインフレに襲われており、2002年には政策金利が50%を超えていたこともあります。

このとき、1ドルが約150万トルコリラでした。

2005年の新トルコリラへの実質デノミ(100万トルコリラを1新トルコリラ)以来、比較的安定していた為替レートでしたが、政策金利も順調に下がり、2006年4月には13.25%へ政策金利の利下げを行いました。

しかし、インフレ懸念から、2006年6月2日トルコ中央銀行はトルコリラ政策金利を1.75%引き上げ15%としました。5年ぶりの利上げです。

さらに、6月25日には2.25%追加利上げを行い、17.25%にまで引き上げています。
利上げ局面から一転、急激な利上げを行った背景には、5月のトルコリラの下落も影響しています。

このときは米国のインフレ懸念による急激な利上げなどが原因で、世界的なエマージング通貨の大暴落があった時期です。

この思い切った利上げによりトルコリラの下落に歯止めがかかりました。
7月20日に再度0.25%の政策金利の引き上げを行い、17.5%となっています。

そして、2007年9月、0.25%の政策金利の引き下げを行いました。

トルコリラの金利推移をみてみよう

トルコリラの2007年9月現在の政策金利は17.25%です。

日本では考えられないほどの高金利ですが、ここでは金利推移をおってみましょう。

かつてのトルコ共和国は激しいインフレに襲われており、2002年には金利が50%を超えていたこともあります。

そのインフレの表現もハイパーインフレといわれていました。

その後は、2005年の新トルコリラへの実質デノミ以来、比較的安定した為替レートとなっています。
金利推移も順調に下げ傾向にあり、2006年4月には13.25%へ利下げを行っていました。

トルコリラは2006年は1年で4%もの利上げましたが、インフレ懸念から、2006年6月2日トルコ中央銀行は政策金利を1.75%引き上げ15%としました。
実に5年ぶりの利上げ推移となりました。
さらに、6月25日には2.25%追加利上げを行い、17.25%にまで引き上げています。
利下げから急な利上げの金利推移の背景には、5月のトルコリラの下落も影響しています。

このときは米国のインフレ懸念による急激な利上げなどが原因で、世界的なエマージング通貨の大暴落があった時期です。
同じ新興国の南アフリカランドも激しく急落しました。

この思い切った利上げの金利推移によりトルコリラの下落に歯止めがかかりました。
7月20日に再度0.25%の金利引き上げを行い、17.5%となっています。
その後は金利据え置きが9月まで、推移しました。

ここ数年のトルコリラ金利推移でしたが、日本では現在0.5%です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。